ニキビ跡への有効治療~レーザー治療が画期的~

女性

最後の手段では無く

医者

ニキビ跡は酷い場合は美容整形による治療が一番となりますがそれだけに頼らず、自分で出来る事は取り入れるといった工夫もすると最良の結果が得られます。これら美容整形の治療は酷すぎるニキビ跡に関しても有効であり肌の奥にまで届き、更には対応能力も高まった事で多くの人が利用出来るとして人気となっているのです。

どのようなものなのか

洗顔

ニキビ跡というのは、近年では整形治療によって消すことが可能となっています。これは、今までは難しいとされていたクレーター状のニキビ跡にも有効なものです。また、ダウンタイムが短くて済むようにもなってきているのです。

にきび跡の種類と改善法

婦人

にきび跡の色素沈着やクレーターは美容皮膚科クリニックなどで治すことができます。美容皮膚科のにきび跡治療の種類には、ケミカルピーリング、フォトフェイシャル、レーザー治療、コラーゲン注入法などがあります。

メイクの手間から解放

スキンケア

色素沈着にアプローチ

にきびは治癒すると自然と肌が再生されて元に戻るものですが、症状によってはにきび跡が残ることもあります。爪で潰してしまうこともにきび跡の原因の一つです。広範囲ににきびが出来やすい方の場合はその部分が全体的に赤みが残るようなにきび跡となってしまうこともあります。ピンポイントであれ広範囲であれ、メイクで隠すことは可能ですが上手にメイクしないと余計に目立ってしまうこともありますし、何より毎朝の手間となってしまいます。レーザーでにきび跡を消す治療は、毎朝メイクで隠していた方にとっても嬉しい治療方法です。美容系のクリニックで普及しているレーザーによる治療は色素沈着に働きかけて薄くしていくものになり、にきび跡にも有効な治療法なのです。

他の効果も期待

レーザーを使った治療はにきび跡だけでなくシミなど他の色素沈着系の症状にも有効なため、にきび跡の治療をするとその部位に出来始めでいたシミの元も薄くしていくことも期待できます。にきび跡を消すためのレーザー治療を受けると全体的に美白効果も得られる可能性があるのです。また、肌細胞を活性化させるとも言われており、肌の新陳代謝を促すことで美肌効果も期待できるのです。レーザー治療を受けてからすぐはダウタイムと呼ばれ、肌はデリケートな状態になっているのでいつもより丁寧に扱うようにしましょう。紫外線の影響は特に受けやすいので、リゾートやアウトドアなどに出かける予定がある方は帰ってきてからレーザー治療を受けるなどスケジュールも工夫しましょう。