ニキビ跡への有効治療~レーザー治療が画期的~

先生

にきび跡の種類と改善法

婦人

病院で治す

にきびの炎症跡が茶色い色素沈着として残ったり、皮膚の組織が破壊されてクレーター状になったりすることをにきび跡といいます。にきび跡はセルフケアで改善するのは大変です。しかし、美容皮膚科などの美容系の皮膚科クリニックに行けば、高度な治療技術で可能な限りもとに近い状態に戻してくれます。治療法はにきび跡の種類によって異なります。赤みや色素沈着にはケミカルピーリングが有効です。ピーリングをして皮膚のターンオーバーを促し、元の肌色に戻していきます。レーザー、フォトフェイシャルなどはクレーターに効きます。真皮組織が破壊されてしまっている状態のひどいクレーターの場合は、コラーゲン注入やヒアルロン酸注入も有効です。

予防することが大事

にきびは一般皮膚科クリニックなどで健康保険適用で治療できますが、にきび跡になってしまうと保険が効かなくなります。綺麗に治すにはケミカルピーリング、フォトフェイシャル、レーザー治療などを導入している美容皮膚科クリニックを受診する必要があり、治療費も高額になります。また、どんなに最新の治療器を使用しても、ひどいニキビ跡のクレーターの場合は完全に元の状態に戻すのは不可能な場合もあります。治療費のことや完治する難しさを考えると、にきび跡ができないようにすることが大切です。にきびができたら早めに適切なスキンケアをして肌を清潔な状態に保ち、甘いものの食べ過べすぎや、夜更かしなどは控えることをお勧めします。